ヤミ金融

多重債務者が狙われる

闇金融などの違法業者がターゲットにしているのは、他社からの借入が不能状態に陥っ
ている多重債務者です。彼らは総じて金策に窮しており、今や藁をも掴む思いで金融業
者を羨望のまなざしで見つめていることから、意外と簡単に融資の話に乗ってくるようです。

毎月の支払いに追われていると、たとえ相手が違法業者と分かっていても、正常な損得
の判断が出来なくなってしまいます。

闇金融などの違法業者の特徴として、金利が高い割には融資をする金額が低いのが一般
的です。借り手が個人の場合は5万円前後が多く、高くても10万円程度になります。

違法業者のくせにセコイ額だと思われがちですが、融資をする人間が多重債務者では、
いくら何でもリスクが高すぎるということでしょう。

違法業者への支払い

違法業者から融資を受けると、定期的に支払いをしていなくてはなりません。通常の貸
金業者ですと一カ月おきに支払いますが、違法業者の場合は7日〜10日での返済とな
ります。

何しろ金利が高いので金利のみの支払いを要求してくるわけです。彼らにとってみれば
、元金は預けておいて、金利のみを永遠に支払ってくれる顧客こそが、一番の優良顧客
なのです。

0

返済が滞れば

定期的な返済が滞ってしまった場合、大変なことになります。貸金業規制法では、取り
立て行為についての厳格な規制が敷かれていますが、違法業者にはそんな規制法が通用
しません。まず、返済が滞れば電話がかかってきます。

すぐに支払えばそれでおさまりますが、それでも支払わなければ、自宅や勤務先まで押
しかけてきます。こういった一連の行動は、何も違法業者のみではなく、正規の消費者
金融でも同じことをします。

ただ、違法業者の取り立ては、それとは一味違います。何よりも、取り立てをする人間
のガラが悪いということです。そんな人間が自宅や勤務先に来ること自体、強烈な精神
的苦痛を伴ってしまうはずです。

ただ、法律的には違法業者への支払い義務はありません。どうしても困っているのなら
法律の専門家に相談されることをおススメします