ヤミ金融

違法業者への返済義務はなし

違法な金融業者とは以下のような業者のことを指します。

  • 無登録業者(貸金業登録なし)
  • 上限金利より高い金利をとっている業者
  • 違法な取り立て行為をしている業者

上記のような業者は一般的にヤミ金融と呼ばれます。こういった業者の多くは、貸金業規制法と出資法に違反しており、借りるあてのない多重債務者やブラック対象者などの足元を見て、暴利で融資をしているのです。

では、こういった業者から借りたお金はきちんと返済しなくてはいけないのでしょうか?

違法金融業者から受け取ったお金は、不法原因給付扱いとなりますので、一切返金する必要はないのです。そもそも貸金業登録をしていないヤミ金融の場合、お金を貸すこと自体が不法なのであって、貸したお金の返還請求することがも出来ないのです。

もっとも、こういったヤミ金融の多くはやくざ関係者が絡んでいますので、返済を拒否したら危険な目にあうかもしれませんが、法律上は返済義務がないということです。

もしも返済を請求されれば、不法原因給付であることを告示して、一切支払う気がないことを宣言すれば、法律上は返済義務が発生してきません。また、違法業者は提訴などしても絶対勝訴することが出来ませんので、裁判を起こすことはありません。

0

弁護士に相談

法律上は支払う義務がないといっても、やはり相手は怖い存在です。面と向かって言えないようなら、弁護士に依頼すればすぐに解決します。

また、違法な取り立てを受ければ警察に通報することです。そうすれば、彼らは何もできないはずです。